猫のお留守番はペットホテルとキャットシッターさん、どっちがいいの?


旅行や出張中、猫にとって負担が少ないお留守番についてまとめました。ペットホテルとキャット(ペット)シッターさんのどちらがいいのか、何日くらいまでお留守番できるのかを考えます。




長期旅行の悩みの種は猫のお留守番

犬や猫を飼っている友人の中には、ペットを預けてまで旅行に行かないという人も少なくありません。

旅行は行くけど家族全員で出かけないとか、友人と旅行するとか対策も様々です。しかし今や猫の平均寿命は15歳くらいになっています。その間中、ずっと旅行を我慢するというのも現実的ではありません。

なんとか決心して旅の計画をし、猫をペットホテルに預けたり、ペットシッターさんに来てもらって出かけても、旅行中気になって仕方がないってことも多いと思います。

できれば快適&元気に留守番してほしいものです。ではどのようにお留守番させるのが、猫にとっては負担が少ないのでしょうか?

動物病院に併設されたペットホテルへ預けるのは?

以前飼っていた猫は旅行のたびに、ペットホテルに預けていました。当時はまだペットシッターさんはいませんでしたので、選択の余地はなかったです。

ペットホテルに行く時は毎回ものすごく嫌がって、脱走しそうになったこともあります。大変活発な猫でしたので、数日間ケージで過ごすことが辛かったのだと思います。

ペットホテルの中でも動物病院併設の所は獣医さんがいるので、滞在中に何かあったらすぐ診察してもらえます。猫に持病がある、投薬や毎日なんらかの処置が必要、高齢などの場合、こういう施設を選ぶのが正解だと思います。

犬と猫のケージのエリアが分けられているペットホテルなら、猫のストレスはかなり軽減されると思います。予約の際に確認してみるといいでしょう。急なお留守番が必要な際に泊まれるペットホテルは、普段からチェックしておくといざというときに利用できて安心です。

猫専門のペットシッターさんって?

ペットシッター、キャットシッターなど呼び名はいくつかありますが、猫専門のシッターさんがいます。あーちゃんは今まで3名の猫専門ペットシッターさんにお世話になっています。

粗相が始まる前は一年に一回、最長で5日間のお留守番をしてくれていました。猫のペットシッターさんは留守中毎日訪問してお世話してくれるので、猫は住み慣れた我が家で一日中、リラックスして過ごすことができます。

まずはお住まいの地域をカバーしているシッターさんがいるかどうか、ネットなどで情報を集めます。かかりつけの動物病院に聞いてみてもよいでしょう。

あーちゃん行きつけの動物病院にはキャットシッターさんの名刺が置いてありました。シッティングの前に必ず一度は自宅訪問&打ち合わせがあるので、余裕をもって早めにご連絡することをおすすめします。

ペットシッターさんに頼むことを躊躇する主な理由は、留守宅に他人が出入りする、自宅の鍵を渡す、という2点だと思います。打ち合わせの際にお互いに信頼し合えるかどうか、しっかりコミュニケーションをとることが大事です。

どうしても気にかかる点があるときには、別のシッターさんを探したほうが、お互いにとって後々のトラブルを未然に防ぐためには、いい場合もあるかもしれません。

お留守番は何日ぐらいまで可能?

猫によってお留守番できる長さは様々です。ペットシッターさんが毎日お世話に来てくれる場合、多頭飼いで猫同志の関係が良好ならば、長めのお留守番も可能のようです。

一方、飼い主さんにべったりの甘えん坊の猫は一日離れただけでも不安かもしれません。

以前シッターさんに伺ったことがありますが、一番長かったシッティングは1か月と言ってました。これは旅行ではなく、一人暮らしの飼い主さんが長期出張でやむなく留守にしたケースとのことでした。一か月もお留守番できるなんて、えらい猫ちゃんですよね。

あーちゃんは留守番は大丈夫なほうだと思います。日常では私に対してお見送りもお出迎えもせずマイペース、ひとり気ままに過ごすことが好きな性格です。5日間くらいは元気にお留守番してくれました。

しかし粗相をするようになってからシッターさんにご迷惑がかかるため頼みづらくなり、最近は日帰り旅行か、別々に旅行に出かけるようになりました。粗相がなおるまでは仕方がないと思っています。

結局ペットホテルに預けるのとペットシッターさんに頼むのと、どっちがいいの?

猫の気持ちを一番に考えたら、やはりシッターさんにお世話をお願いして自宅でお留守番するのが最良なのではないでしょうか。

東京猫医療センター院長の服部幸氏の著書「ネコの本音の話をしよう」のなかに、ねこにどのお留守番を選ぶか聞いてみたら、‘やっぱりわが家が一番だにゃー’とコメントすると思う、と書かれていました。

費用の点では一概には言えませんが、私の場合は一日にかかる費用はペットホテルもシッターさんも大体同じくらいになってます。

猫専門のシッターさんは猫を飼っている人がほとんどで、たくさんの猫のお世話をしているため、猫に関する経験と知識がとても豊富です。

わからないことはどんどん質問すると、獣医師さん顔負けのいいアドバイスがもらえます。信頼してお世話をお願いできるシッターさんを見つけて、旅行や出張へ安心していけるようになるといいですよね。

(猫の留守番関連記事)

ペットウォッチ自動給餌器に任せて安心、猫のお留守番(2016・12・1)

猫の真冬の留守番必需品 ペットショップ御用達のユカペット(2016.10.26)

ペコラのふわふわブランケットで猫のあったか冬支度(2016.10.25)

猫のストレスにバッチフラワーレメディ(2016.8.4)