ヒグチユウコ個展、原画抽選申込日(2016年10月8日)行ってきました


銀座のPOLA MUSEUM ANNEXで開催中(2016年10月7日~11月20日)の、ヒグチユウコさん展覧会「ギュスターヴくん」。8日(土)は原画購入の抽選申し込み日でした。




GUSTAVEギュスターヴくんの世界へようこそ

エレベーターを降りた正面に地下の秘密部屋のようなディスプレイ。

img_2396

さかさまのギュスターヴくんと仲間たちがお出迎えしてくれます。

展示会場内の様子

雨にもかかわらず多くの人が次々に来場。女性9割、年齢は20代、30代の方が圧倒的です。人数が多いと言っても作品が見えないほどではないので、人がいないところを選んでゆっくり鑑賞できます。会場は薄暗く、背が低いので上方の作品は見えにくかったです。

入口入って右手前に受付。会場入って右奥に物販コーナーが設置されています。たくさんの人が楽しそうに絵本などを選んで購入。販売している新作絵本はサイン入りのようでした。付箋セットもありました。

原画購入のための抽選申し込み

本日10月8日(土)のみ原画購入の機会(抽選)がありましたので、この日を選んで出かけました。物販コーナーの店員さんに応募用紙をもらい、ひとりにつき1点のみ申し込んで抽選に参加できます。

原画のなかで番号のついている約30点ほどの小さめの作品が対象でした。それ以外の作品は非売品。ご自身の手元に残されるのか、美術館や人の手に渡るものなのでしょうか。

原画価格は画廊などでの販売とは違って、作品の下などには記載されていません。気に入った原画番号を言うと店員さんがファイルを確認して価格を教えてくださいます。このような形態をとられたのは、おそらく展覧会場の絵本ギュスターヴくんの世界感を壊さないための配慮ではないでしょうか。

迷った末に決めて応募してきました。結果は厳正なる抽選で当選結果は以下のようになっています。

  • 当選者決定及び連絡日時:2016年10月16日(日)13:00~16:00
  • 電話にてご連絡。時間内に連絡が取れない場合はキャンセル、次点者繰り上げ当選となりますのでご注意ください。
  • 抽選結果についてのお問い合わせには対応できませんのでご了承ください。ポーラミュージアムアネックスは原画販売については関与しておりません。

(10月17日:追記)残念ながら16日の抽選に落ちて、原画を購入することはかないませんでした。やはり倍率高かったものと思われます。

開催中に再訪したい

銀座へ行く機会があれば平日にでも再訪したいと思います。なにしろヒグチユウコさんの描く絵はとても細密で、見るたびに新しい発見があります。もう一度ゆっくり鑑賞したいです。

物販はカラーコピーのメニューから選んで購入というかたちで、直接手に取ってみることができなかったのは残念です。スペースの問題もあり致し方ないとは思いますが、商品メニューの写真は3センチ四方くらいととても小さく、ネットで選ぶよりも難しいと思いました。絵本などはあらかじめネットや書店で内容等をよく見て、何を購入したいかを決めてから出かけるとよさそうです。

混雑していなければひとつひとつ店員さんに取っていただいて、近くで見ることも可能です。しかし手元で見たあとに‘やっぱり要りません’とは言いづらいと思いました。

展覧会は11月20日(日)まで開催、会期中無休です。銀座にお出かけの際はギュスターヴくんの世界に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

(関連記事)

 

ヒグチユウコ新作絵本「いらないねこ」9月発売!月刊MOE(モエ)10月号は出版記念特集(2017・8・9)

これまでのヒグチユウコさん関連記事の一覧はこちらです