米肌MAIHADA「肌潤」VS「澄肌美白」おすすめはどっち?


コーセー米肌(まいはだ)には「肌潤」「澄肌美白」2つのシリーズがあり、どちらがいいのか悩みます。そこで両方のトライアルセットで比べてみました。




米肌の‘肌潤’と‘澄肌美白’の違いが知りたい!

雑誌やネット広告などでよく見かけるコーセーの基礎化粧品米肌シリーズ。「こめはだ」ではなく「まいはだ」と読みます。

米肌は口コミの評判もよく、大手化粧品メーカーということで安心感もあり、一度使ってみたいと思っていました。

公式サイトを見てみると、米肌には通常の米肌MAIHADA「肌潤」の他に、美白にフォーカスした「澄肌美白」というシリーズが展開されています。

普通の米肌と澄肌美白はどこが違うのか、実際の使用感はどうなのか、説明を読んでみましたが、ちょっとわかりにくいところがあります。

米肌は基礎化粧品として、ものすごーく高級なラインではないけれどプチプラってわけでもなく、そこそこの価格はします。気軽に現品購入して‘使ってみたら合わなかった’という事態は避けたいものです。

どちらも税込1500円(送料無料)で購入できる、とってもお得なトライアルセットがあります。ちょっと図々しいかと思いましたがどうしても比較してみたかったので、思い切って‘肌潤’‘澄肌美白’両方のお試しセットを申し込んでみました。

初めに会員登録をしてから、まず基本の米肌肌潤トライアルセットを注文しました。会員登録済みなので、その後は再びログインして、簡単入力でもう一方の澄肌美白トライアルセットを申し込むことができました。

商品の詳細やトライアルセットの内容は以下でご覧になれます。

▶コーセー 米肌
▶コーセー 米肌澄肌美白

米肌肌潤と澄肌美白、2つのトライアルセットが届きました

トライアルセットは、米肌‘肌潤’も‘澄肌美白’も各1500円(税込・送料無料)でたっぷり2週間もお試しできます。

届いたセットを開けてみました。

左:米肌肌潤 右:澄肌美白

セット内容はそれぞれ以下のようになってます。

以下は高保湿タイプの肌潤セット。

以下はくすみと透明感タイプの‘澄肌美白’セットです。

一番左に入っている肌潤石鹸はどちらも同じものです。その他3品はそれぞれ違います。

化粧水とエッセンスはそれぞれ保湿と美白ものになっています。

しかし、一番右に入っているクリームは保湿と美白ではなく、どちらも肌潤ですが、ジェルクリームとクリームの違いになってます。‘肌潤’セットには、よりしっとり潤う「肌潤クリーム」。‘澄肌美白’にはさっぱりうるおう「肌潤ジェルクリーム」がセットされていました。

商品詳細が掲載されているパンフレット、お手入れブック、サンプルなども同封されていて、とてもお得感のある内容でした。

肌潤トライアルセットにはお手入れブックやマスクも同封
澄肌美白セットには肌潤化粧水、CCクリームサンプルが同封

実際に両方使って検証!

米肌肌潤と澄肌美白を両方注文して、実際に2週間ずつ使用してみました。

使ってみる前は‘肌潤に美白の成分をプラスした商品が澄肌美白だろうから、美白もできる澄肌美白のほうが価格もちょっとお高いし、いいんじゃないの~?’と思っておりましたが、その先入観は間違っているということがわかりました。

どちらを選ぶほうがプラスになるのかは、季節&その人それぞれの肌状態&悩みによって違ってきます。成分が異なりますし、期待できる効果や使用感についても個人的にはかなり異なると感じました。

それぞれの特徴を実際に使用してみた感想を交えて、見ていきたいと思います。

米肌MAIHADA肌潤は保湿と毛穴レスなキメ改善にフォーカス

米肌の肌潤も澄肌美白も基本的には保湿は可能になっていますが、特にうるおい保湿にフォーカスしているのは米肌肌潤です。

肌は乾燥してしまうことでバリア機能が失われ、シワやシミなどのトラブルをさらに招きやすくなります。乾燥してガサガサしてしまったお肌に対して、長時間うるおい保湿ケアをすることで、肌本来が持つちからを取り戻します。使い続けることで乾燥を根本から改善、毛穴レスなすっぴん美肌を目指します。

実際使用してみた使用感は肌潤と澄肌ではかなり異なり、肌潤のほうが澄肌より保湿効果を感じました。特に化粧水は‘肌潤は長時間しっとり’、‘澄肌はさっぱりうるおう’という感じでした。

肌潤トライアルセットの中でも特に試してみたかった商品は、医薬部外品の肌潤改善エッセンスです。現品サイズは30mlで7,560円なので、トライアルセットのこのエッセンス12mlだけで2,800円。すでにトライアルセット1500円の元は取れてしまうことになります。

この肌潤改善エッセンスはライスパワーNo.11を高濃度で配合。パンフレットには、3ヵ月継続使用でセラミド量と水分量がアップしたというエビデンスがグラフ付きで紹介されていて、かなり説得力があります。

エッセンスは化粧水の後に使います。顔全体にムラなく伸ばしたあと、乾燥が気になる目元に塗り重ねると、モチモチ肌が持続してとってもよかったです。

保湿して若々しいふっくらもち肌を目指したい場合には米肌「肌潤」のほうが合っていると思います。

澄肌美白は透明感やくすみ改善、美白にフォーカス

澄肌美白というネーミングのとおり、透明感のある素肌、美白に効果が期待できる成分配合になっています。

澄肌美白は美白に特化していますが、みずみずしいうるおい保湿も可能とのこと。

実際使ってみたところ、肌潤を知らなければ保湿も充分と感じたかもしれませんが、最初に肌潤を使用してしまったので違いは明らかで、保湿という点では澄肌美白より肌潤に軍配が上がるかなって感じました。

しかしくすみしらずの色白美人や肌色トーンアップを目指す人にとっては、澄肌美白の化粧水&エッセンスのライン使いは強力です。化粧水もエッセンスも、美白有効成分が配合された医薬部外品となっています。

澄肌美白は2週間使っただけですが、使用する前よりも顔全体のくすみが減った感じがして、アイシャドウやリップなどのポイントメイクが楽しくなりました。

個人的には、夏の暑い時期や紫外線の多い季節には澄肌美白のほうがぴったりだと思いました。

どちらを選ぶ?の総まとめ

今回のブログでは、コーセーの化粧品【米肌】の‘肌潤’と‘澄肌美白’、どちらのシリーズを選んだらいいのかを、実際に使用してみた感想とともに検証してみました。

実際に両方のトライアルセットを使用した結果、私自身は肌潤シリーズは保湿第一の冬から春にかけて、澄肌美白シリーズは夏から秋にかけて、ぴったりだと思いました。

「澄肌美白シリーズで保湿もしっかりしたい!」という場合は、スキンケアの仕上げに使うクリームを、肌潤ジェルではなく、よりしっとり潤う肌潤クリームをチョイスすると良さそうです。

使用感や効果の感想は、その人の好みや肌の状態によって違うのはもちろん、同じ人でも季節によっても変化します。

お試しセットはどちらのシリーズでも初回限定・14日分で1,500円というお値打ち価格で購入できますので、現品買いする前にこちらで検討してみるのが得策です。すべてネットでできますので簡単に注文可能です。

トライアルセット注文後にメールはちょくちょく届きますが、今のところ電話での勧誘などはありません。大手メーカーだとそういったところも安心です。

どちらが自分に合っているか、ぜひ一度トライしてぴったりな方を選んでみてくださいね。

▶米肌肌潤トライアルセット
▶米肌澄肌美白トライアルセット




(関連記事)
その他のトライアルセットのレビュー記事はこちらです♪
アテニアのドレスリフト(Dress lift)24時間体制スキンケアでアンチエイジング

大人の敏感肌・薬用スキンケア!持田ヘルスケアのB.K.AGE(ビーケーエイジ)