横浜定番手土産 やっぱりフランス菓子「かをり」のレーズンサンドウィッチ


横浜スイーツ定番土産のおすすめといえば、「かをり」のレーズンサンドウィッチ。「かをり 山下町本店」はノスタルジックな佇まいが素敵なショップです。オンライン販売情報も。




「かをり」山下町本店訪問

「かをり」の本店はみなとみらい線「日本大通り駅」から徒歩約3分 、JR京浜東北線「関内駅」からは徒歩約10分ほど。「かをり」本店のある山下町70番地は、ホテル発祥の地ということです。店舗の前には記念の碑が設置されていました。

店舗外観。現在は葉が落ちてしまってますが、春夏は緑がきれいなのでしょう。

本店にはティーラウンジとお菓子のショップがあります。

おいしそうなお菓子が並んだレトロなかわいいお店

レーズンサンドウィッチなど3種類の詰め合わせを購入

レーズンサンド4個、クランベリーサンド2個、マロンサンド2個(計8個入り)の詰め合わせ¥1,404(税込)を購入しました。2016年12月11日(日)購入、賞味期限は12月30日、約20日間日持ちします。

紙袋はレトロな香りのするデザイン。お菓子の入ったボックスは、パステルピンクグレイに白いドット、中央の丸窓に猫とバラのイラストが描かれたとってもかわいいデザインです。

箱にぎっしり、8個のサンドが詰まってます。ボックスを開けると甘い香りが広がります。

カットしてみるとたくさんのレーズンが。クッキーは素材の良さが伝わるおいしさ、内側しっとりで外側サクサクの食感です。サンドされているクリームはホワッとなめらかで、レーズンの甘さととてもよく合います。

クランベリーサンドはほんのり酸味のあるクランベリーをチョコクリームとクッキーでサンドしてあります。

マロンサンドは細かくカットされたマロングラッセがクリームに入っていて、コーヒー風味のクッキーでサンド。

レーズンサンド、クランベリーサンド、マロンサンド、どれもそれぞれ美味しくて、横浜の手土産に大変喜ばれるというのは納得です。

「かをり」店舗情報

「横浜かをり」のお菓子は横浜にある2店舗の他に、デパートなどでもお取扱いがあります。以下の店舗情報は「かをり」公式サイトより引用しました。詳細は変更になることがありますので、お出かけ前には公式サイトの最新情報をご確認ください。

【横浜かをり 山下町本店】
横浜市中区山下町70番地 TEL 045-681-4401
営業時間
ケーキショップ 平日 9:00 ~ 19:00 土曜 10:00 ~ 19:00 日・祝 12:00 ~ 19:00
ティーラウンジ 平日 11:30 ~ 19:00 土曜 11:30 ~ 19:00 日・祝 12:00 ~ 19:00
※現在レストランは休業中
アクセス
みなとみらい線「日本大通り駅」徒歩3分
JR京浜東北線「関内駅」徒歩10分

【横浜市庁舎第三食堂】
横浜市庁舎B1F TEL 045-671-3452
アクセス JR「関内駅」徒歩1分
かをり商品販売

●横浜の店舗詳細はこちら
●取り扱いデパート詳細情報はこちら

オンラインでもご購入できます

「かをり」のお菓子はレーズンサンドの他にもサブレやマロングラッセ、ブランデーケーキ、幸運のたまごなど、バラエティに富んだラインナップ。店舗がお近くにない方やお時間の取れない方は、楽天市場や高島屋オンラインでのご購入が可能です。

横浜かをり 楽天市場店

▶高島屋オンラインストア 横浜かをり一覧

(スイーツ関連記事)

ドイツのクリスマス伝統菓子「シュトレン」 日本でも大人気の秘密は?(2016・12・5)

おいしくて楽しい、にしのみにゃ部のレアチーズケーキ(2016・10・23)

秋の行楽はシャトレーゼ工場見学!お目当てはアイスクリームの試食(2016・10・15)

ハロウィンの猫スウィーツ特集2016(2016・9・21)