自宅で出来る!タニタのベビースケールでネコの体重&健康管理


猫の体重の計り方、獣医さんのおすすめは人間の赤ちゃん用体重計を猫用に使うこと。TANITAのデジタルベビースケールBD-586は10g単位で計れるので、シニア猫の健康チェックに役立ちます。




猫の体重の計り方ってどうしてますか?

たいていの飼い主さんは人用体重計を使って猫を抱っこした状態で一度計り、その後自分の体重を計って、最初の値から差し引くという方法ではないでしょうか。他にはバスケットやキャリーに猫を入れて体重計に乗せるなど。

私は抱っこする方法で猫の体重を計っていましたが、体重計の最小表示が100g単位なのでかなりアバウトで困っていました。

猫の健康に全く問題がないときは、上記の方法でもいいかもしれません。けれど、‘最近、猫の様子がいつもと比べて元気がない’と心配な時や、‘持病のある猫の体重の管理をしたい’場合は、100g単位の体重計では正確な体重を把握できません。もっと細かい単位で計ることのできる体重計が必要になってきます。

獣医の先生おすすめは人間の赤ちゃん用ベビースケール

あーちゃんがお世話になっている獣医の先生のおすすめは「人間の赤ちゃん用ベビースケール」。赤ちゃん用なので最小単位が製品によって5g~10gと、細かい単位まで猫の体重測定が可能。ベビースケールの大きさは普通の体重計より幅広のものが多いですが、本体はそれほど重くないので持ち運びもできます。

ベビースケールを使えば、自宅で簡単に猫の体重管理がしっかりできます。特に持病のあるシニア猫や体調を崩しがちの猫にはとても重要。太めの猫さんのダイエットにもお役立ちのアイテムかもしれません。

TANITA タニタのデジタルベビースケールBD-586を購入

ベビースケールは色々ありますが、予算範囲内の価格と信頼できるブランドのタニタ「デジタルベビースケールBC-586」を購入しました。最小単位は10gです。

【ベビースケールBC-586の特徴】
最小10gの高精度計量(四点式秤)
前回の測定値との増減表示が可能

シンプルなフォルムと清潔感のあるホワイト。

本体サイズはD390 ×W580×H93mm、重量約2.2㎏(乾電池含む)と軽量なので、持ち運びもOK。我が家では普段は戸棚にしまって、計るときだけ出してきて使用しています。部屋の角の空間に置いて計ると猫が逃げにくいということです。

ベビースケールをペット用として使用する方法

使用するときはペットシーツやタオルをスケールの上に一枚敷いてから計ると汚れませんし、猫は居心地がよさそうです。

製品には電池が同梱されていますので、簡単な初期設定後すぐに使用可能です。スイッチをオンにして約2秒後、0.00㎏が表示されたら猫を乗せるだけです。

うちの猫は特に逃げることなく、おとなしく乗ってくれます。誤差も問題ない範囲、満足のいく精度で計れています。デジタル表示ですのでとても見やすいです。

レディの体重、公表しちゃダメにゃ。やめてにゃ。

ベビースケールを絨毯や畳の上に設置しては正しく使用できませんので、固くて平らな場所に置いて使用します。いつも同じ場所、同じような時間になるべく計るようにしてます。

持病のある猫さんの体重減少のチェックに!

シニア猫・あーちゃんが先生にいつも言われていることは、体重減少と食欲減退に留意するということ。猫の体重は普段の体重と比べて5%~10%減ったら要注意だそうです。あーちゃんの場合普段は約4.30㎏なので5%以上は215g減、つまり約4.08㎏以下になったら気をつけなければなりません。

ベビースケールのおかげで体重減少したことにすぐ気づけるので、症状が進んでしまう前に先生に相談することができるようになりました。

猫を毎日抱っこしてるし、注意深く見ているから大丈夫!と思っていても、気が付かないうちにかなり体重が減ってしまっていることもあります。実際私はそうでした。毎日抱っこしていたにもかかわらず、随分瘦せてしまったことに気づいてあげられませんでした。

体重減少は加齢による自然な減少、フード量が充分でない場合やフードが合わない場合もありますが、充分な量を食べているにもかかわらず痩せていってるなら、猫の体に異変が起こっている可能性が高いと思われます。そのようなときはすぐに動物病院へ行って検査してもらうことが大切です。

ペットの体調不良の早期発見、症状悪化防止のためにも、毎日の体重チェックは重要です。ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

▶Amazon タニタ ベビースケールBD-586
▶Yahoo!ショッピング タニタ ベビースケールBD-586
▶楽天市場 タニタ ベビースケールBD-586

(関連記事)

シニア猫の腸内環境改善の味方!「マイトマックススーパー」(2017・4・27)

「ラプロス」猫の腎臓病治療薬を東レが開発、2017年4月共立製薬より発売(2017・1・24)

シーバで解決!暴れる猫の薬(錠剤)の飲ませ方(2017・1・19)

猫の腎不全の解明進む!猫の薬開発が人間も救うかも?(2016・10・17)