ヒグチユウコ新作絵本「いらないねこ」9月発売!月刊MOE(モエ)10月号は出版記念特集


画家ヒグチユウコさんの絵本「いらないねこ」が2017年9月1日(金)発売。連載していた雑誌MOE(モエ)10月号は特集&付録がヒグチユウコさんです♪




ファン待望の新作絵本「いらないねこ」

細密でリアルな猫や不思議な生物の絵柄で知られ、独特の世界観を持つ画家ヒグチユウコさん。ラデュレのマカロンボックスやホルベインの文房具、午後の紅茶のパッケージなど、さまざまなブランドとのコラボレーションはいつも話題になり大人気です。

自身が立ち上げたオリジナルブランド「Gustave(ギュスターヴ)」では、食器、クッションなどのインテリア雑貨、ストールやドレスなどのファッションアイテム、複製画など多彩なラインナップを展開しています。

月刊雑誌『MOE』ではかねてからヒグチさんの連載が掲載。今回はMOEで連載されていた『いらないねこ』が絵本化され、2017年9月1日に発売されることになりました。


ヒグチユウコ 〈いらないねこ〉

単行本: 120ページ
出版社: 白泉社
発売予定日: 2017年9月1日(金)
予定価格:1,512円(税込)

物語の主人公はぬいぐるみの「ニャンコ」

絵本の中で主人公として描かれているのは「ニャンコ」という名のぬいぐるみの猫。ヒグチさんの息子さんが幼いころから大切にしていたぬいぐるみがモチーフということです。

主人公のニャンコは2015年11月に発売された「せかいいちのねこ 」で、ファンにはすでにおなじみのキャラクターです。「せかいいちのねこ」の物語の中で、ニャンコは様々な猫たちと出会い、寂しさや苦しさを抱えながら本当の幸せって何だろうと考えます。自分は自分のままでいいのかもしれない、と気づきます。

新作「いらないねこ」では、ニャンコは捨てられた子猫の「おとうさん」になって、愛情いっぱいに育てます。それをあたたかく見守る優しい猫たちの物語がつづられています。

表紙にはニャンコが赤い洋服を着た小さな捨て猫を抱っこしている様子が描かれていて、この絵を見ただけでも胸がキュッとなります。

月刊雑誌MOE(モエ)10月号はヒグチユウコ特集

新作絵本「いらないねこ」出版を記念して、連載していた月刊MOE (モエ) 2017年10月号では巻頭でヒグチユウコ大特集 が組まれ、‘かわいい形の猫便箋’と‘いらないねこシール’が特別付録というワクワクの内容となっています。新作絵本とともに、こちらも要チェックです。


月刊MOE 10月号

出版社: 白泉社
発売日: 2017/9/1
価格:890円

どちらも9月1日(金)発売です

【絵本】
▶Amazon いらないねこ(絵本)
▶楽天市場 いらないねこ(絵本)
▶セブンネット いらないねこ(絵本)
▶Yahoo!ショッピング いらないねこ(絵本)

【雑誌MOE】
▶Amazon MOE 10月号
▶楽天市場 MOE 10月号
▶セブンネット MOE 10月号
▶Yahoo!ショッピング MOE10月号

(関連記事)

阪急うめだ本店にてヒグチユウコ新作グッズ発表!貴重な原画販売も(2017・3・20)

ヒグチユウコ新作画集『BABEL バベル』2,017年5月発売&原画展開催(2017・3・19)

ヒグチユウコさん関連記事の一覧はこちらです