豊島屋さん鳩サブレー2021年限定【干支缶】販売スタートしました♪


令和3年鳩サブレー「干支缶 えと缶」牛(丑年)バージョン登場(販売期間2020年12月18日~)。おすすめ注文方法はお取り寄せ通販です。



カラフルでカワイイと大評判♡「干支缶」鳩サブレー

年末年始限定販売のカラフルなデザイン缶が「かわいい!」と評判になり、年明け早々、都内百貨店では売り切れ続出になったという鳩サブレー「干支缶」。

鳩サブレーで有名な豊島屋さんは2017年(販売は2016年年末~)以降、年末年始限定で新進気鋭の日本画家 古家野雄紀さんとのコラボレーション缶の販売を開始しています。

2018年干支缶(戌歳バージョン)※うし年干支缶ではありません

2021年も古家野さんとの5回目のコラボが決まり、丑年ということでどんなデザインになるのか楽しみにしてる方も多いのではないかと思います。

日本画家 古家野雄紀(KOYANO Yuuki)さん

「干支缶」の絵を描いた日本画家 古家野雄紀(こやのゆうき)さんは1993年生まれ。

東京芸術大学在籍中から驚くべき若さで精力的に活動、2019年東京藝術大学大学院修士課程デザイン科描画・装飾研究室(押元一敏研究室)を修了しました。現在は工房形式で年に約400点もの作品を製作。

古家野さんの描く世界は、琳派などの伝統的絵画を現代風にアレンジしたり、「人と人のつながり」を感じる群像図、らせんシリーズのほか、ポップな作品や抽象画も手掛けていて、次世代日本画の魅力にあふれています。

近年では日本画の枠を超えて、現代アートの範疇に入るのではないかと感じています。

今年はデニーズのメニューの表紙画にも起用され、古家野さんのかわいいキャラクターはますます活躍しています。

古家野雄紀さんのホームページ

「干支缶」鳩サブレーってどこで購入できるの?

2021年「干支缶」丑バージョンの鳩サブレーは8枚入りで1,500円(税込)。

2020年12月18日(金)から販売がスタートしました。

2021年1月上~中旬にかけて商品がなくなるまで数量限定で販売します。

豊島屋さんの直営店および百貨店にある店舗などで購入することができますが、「干支缶」の取り扱いや在庫があるかどうかは各店舗によって異なります。

2020年12月19日に大丸東京店で購入した鳩サブレーの賞味期限は2021年1月30日まででした。お年始のご挨拶用手土産にも喜ばれそうです。

包装紙でキレイに包まれた干支缶。

消費期限シールは包装紙に貼られています。

丑年のデザインもかわいいです♪

松竹梅、日の丸など、おめでたい図柄がてんこ盛りです。

牛さんの背中の上に鳩さんがちょこんと乗っています。

缶の側面にもかわいい絵がデザインされています。

背景に鳩サブレーがデザインされています。

カラフルな牛さんと女の子。

缶を裏返すと、2021の文字。

それぞれの販売店や日によって入荷状況などが違うかもしれませんので、事前にお近くの店舗へ直接お問合せのうえお出かけください。

豊島屋店舗情報はこちらです

2021年「干支缶」鳩サブレーは通販でも購入できるの?

豊島屋さんのホームページが2021年6月28日リニューアルオープンしました。

最新情報は豊島屋オンラインストアでご確認ください。

気になる方はお早目にどうぞ♪

(関連記事)
豊島屋さん鳩サブレー2020年限定【干支缶】販売スタートしました♪

お祝い事のお菓子、干支缶も人気♪ 銀座菊廼舎(きくのや)冨貴寄ふきよせ赤丸缶

伊勢丹新宿店限定 Fika(フィーカ)の北欧ジャムクッキー「ハッロングロットル」