洋服もシェアがトレンド!?【ファッションレンタルサービス】人気拡大


日経新聞夕刊(2018年2月5日)に、ファッションレンタルサービスについての記事が掲載。近い将来当たり前になるかもしれない洋服のシェアリング、人気拡大の秘密を探ります。


洋服は借りて着こなす時代

「ファッションレンタルサービスが若い女性を中心に人気を集めている」という内容の記事が、2018年2月5日の日経新聞夕刊に掲載されていました。

実は1か月前から私も断捨離と時短のために、ファッションサービスのエアークローゼットを利用し始めたところです。50代でも洋服のレンタルを楽しんでいる私にとって、記事は大変興味深い内容でした。

日経の記事はこちら ※会員以外は一部コンテンツの閲覧のみ

ファッションレンタルサービスが始まった当初は、物珍しいということで雑誌やTVなどに取り上げられていたトピックでしたが、記事を読んでみて‘借りた洋服を着こなす’ということが、じわじわ一般的に広がりつつあるように感じました。

さきがけはエアークローゼット

2015年2月にスタートしたファッションレンタルサービスの「エアークローゼット」。2018年の現在、はやくも会員数は15万人に達したということです。エアクロの人気の秘密は約300ものブランドを取り扱うという点と、プロがコーディネートを選んで届けてくれるという点です。

実際に私もエアクロを利用してみて便利さを実感しています。取り扱うブランドが多数あるため洋服が他人とかぶる心配はほとんどありませんし、細かくサイズ情報を入力するためサイズが合わないという不安も少ないと感じています。

プロのスタイリストさんのおすすめコーデやアドバイスは、タレントさんやモデルさんなら当たり前かもしれませんが、一般女性にとっては貴重な機会です。借りたアイテムの感想や要望もしっかり届くので、長く続けるほど自分好みの服が届くというのも嬉しいです。過去のアイテム情報やアドバイスは、ネット上でいつでもチェックしなおせるのでそれらも普段のコーディネートに役立っています。

しかしエアクロにも弱点はあります。すでに15万人が利用し、急成長しているというだけあって、洋服の管理がちょっと行き届いていないのではと感じる点も。まだ夏場にレンタルしていないのでわかりませんが、今からちょっと不安です。長期にわたって利用者を確保するには、洋服の中古感、使用感という問題をどう解決していくかが今後は重要だと思います。

▶エアークローゼット

エアクロ以外にも続々登場

日経夕刊記事によると、エアクロの他にもファッションレンタルサービスが広がっていて、以下のようなサービスが取り上げられていました。

エディストクローゼット(月額¥7,300~。14コーデから自分で選ぶ)
メチャカリ(月額¥5,800~。新品の自社ブランドなど)
ラクサス(月額¥6,800~。高級かばん1つ借り放題)
カリトケ(月額¥3,980~。男性向けに高級腕時計)

トレンド感のあるアイテムが人気のエディストクローゼット(EDIST CLOSET)

エニッシュが運営するエディストクローゼットは、2016年1月にファッションレンタルサービスを開始。発足当初はシーズンごとに3コーデ(1コーデにつき上下4点)のラインナップだったのが、わずか2年で14コーデに増加していることからも人気のほどがうかがえます。

エディストクローゼットで取り扱う洋服はすべて人気ECファッションサイト「STYLE DELI」が担当しています。エアクロと比べるとトレンド感やおしゃれ感が高く、SNSでも数多く発信されています。流行に合わせた最旬アイテムが毎シーズン14コーデ用意されていて、その中から自分の好きなパターンを選ぶしくみです。現在はサイズ展開が2種類なので、SMLの3種類に改善してもらえたらと思います。

エディストクローゼットに懸念材料があるとすれば、今後さらに人気が拡大した際に洋服がかぶってしまう恐れがないか、もしくはレンタルしている人同士で気づいてしまうのではないか、という心配です。ファッション意識の高い女性同士でかぶってしまったら相当気まずいですから、会員数が増加したときにその点をどうやって乗り切るのかと思います。オリジナル商品のみを企画から製作まで行うという点はメリットが多いですが、反面デメリットにもなってしまうこともあるように感じます。

▶EDIST. CLOSET

日常着メインで若い女性やファミリー層に人気のメチャカリ

カジュアル衣料大手のストライプインターナショナルは、2015年9月からアパレルメーカーからは初となるファッションレンタルサービス「メチャカリ」を開始しています。2017年9月から男性や子供向け商品も追加され、過去1年で利用者が8割増の9000人にまで増加しているということです。

メチャカリは新品を貸し出して、2カ月間レンタルすると自分の洋服にできるという点が人気です。男性や子供向け商品をレンタルのラインナップに加えたことで、ファミリー層の需要が今後は増えそうです。

中古の洋服を着ることに抵抗のある方や、「アースミュージック&エコロジー」、「Te chichi」、「E hyphen」などのストライプインターナショナルのブランドが好きな方にはぴったりのレンタルサービスです。

▶メチャカリ

仕事や育児で忙しい人だけのサービスではなくなるのかも

記事を読んで感じたのは、洋服やファッションアイテムのシェアリングという考えは一般的に浸透しはじめていて、将来的にはごく身近なサービスになっていくのではないかということです。

以前は料金を支払ってセカンドハンドの洋服を着るなんて考えられないことでした。しかし、最近はメルカリやフリルなどで膨大な数の中古の服が売買されていて、若い人の間では他の人が着た洋服に袖を通すことに抵抗感のない人が多くなっています。それらの状況もプラスに働いて、ファッションレンタルの人気はさらに高まっていくのではないでしょうか。

自分としてはすっきりした空間で生活したいため、本当に必要で大切なものだけをワードローブに残して、流行を追うようなファッションアイテムはレンタルで楽しめたらと思います。

有名アパレルメーカーが今後どんどんレンタルファッションサービスに参入して、選択肢が広がるとうれしいです。


(関連記事)

断捨離したい!エアークローゼットとEDIST (エディスト クローゼット)比較
50代【エアークローゼット】体験記(1)
50代【エアークローゼット】体験記(2)
50代【エアークローゼット】体験記(3)

【エアークローゼット】ファッションレンタルサービス関連記事一覧